HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 「第6回 オートプシー・イメージング学会総会」のご案内

「第6回 オートプシー・イメージング学会総会」のご案内

標記学会総会が開催されますのでご案内します。

オートプシー・イメージングとは死亡時画像診断のことでAi(エーアイ)と呼ばれています。詳しくは過日掲載した「訴訟を未然に防ぐ死亡時画像病理診断(Ai)の活用について」 を、また本学会総会の詳細についてはオートプシー・イメージング学会ホームページをご覧下さい。

日時・場所等

日時: 平成21年2月7日

13:00 オートプシー・イメージング学会総会

13:30 オートプシー・イメージング学会学術総会

場所: 千葉大学西千葉校舎構内「けやき会館」

JR西千葉駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩約2分

京成みどり台駅より西千葉キャンパス正門まで徒歩約7分

参加費: 1,000円

プログラム

第1部 Ai症例の実際

座長:塩谷清司(筑波メディカルセンター病院放射線科部長)

  • (1)喀痰による気道系の閉塞がAiで確認できた2剖検例
    田村浩一 他(東京逓信病院病理科)
  • (2)単純X線写真での診断が有効であった致死性四肢短縮症の一剖検例
    増田正憲 他(佐賀県立病院好生館病理検査科)
  • (3)解剖前にPMCTにて診断し得た急性肺血栓塞栓症のAi剖検の1例
    舟山一寿 他(新潟大学法医)
  • (4)溺死における死後CT所見の検討
    新川慶明 他(宮崎大学放射線科)
  • (5)当救命救急センターにおける造影死後CT症例の検討
    鈴木亮 他(独立行政法人国立病院機構東京医療センター救命救急センター)
  • (6)超音波画像診断を導入した死体検案で生じうる問題点
    内ヶ崎西作(日本大学医学部社会医学系法医学分野)

第2部 社会制度の中のAi

座長:長谷川剛(自治医科大学医療安全管理部教授

  • (7)北米放射線学会(RSNA)2008における死亡時画像診断セッション:新潟市民病院からの発表“死亡時MDCT検査360例の経験”
    高橋直也 他(新潟市民病院放射線診断科)
  • (8)監察医制度と医療機関における死後CT検査の現状
    浅野水辺 他(神戸大学大学院医学研究科社会医学講座法医学分野)
  • (9)CPA症例の原因診断におけるAutopsy Imagingの有用性
    井上望 他(財団法人倉敷中央病院救急医療センター)
  • (10)Aiセンターネットワーク構想
    木田博隆 他(三重大学大学院医学系研究科地域職域保健医療支援センター
  • (11)Aiセンターネットワーク構想〜医療安全調査委員会とも関連して〜
    兼児敏浩 他(三重大学医学部附属病院安全管理部)
  • (12)千葉大学附属病院Aiセンター設立から一年、現状と未来
    山本正二 他(千葉大学医学部放射線科講師)

特別講演(16:00)

座長:張ヶ谷健一(千葉大学大学院医学研究院腫瘍病理学)

「札幌医大ではじめた死亡時画像診断の学生教育への取組み〜ゼロからの出発〜」

兵頭秀樹(札幌医科大学医学部放射線医学講座)