HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 「緊急感染症情報リリース」

緊急感染症情報リリース

SARS (Severe Acute Respiratory Syndrome)関連情報5

米国内科専門医、米国感染症科専門医、英国熱帯医学専門医
日本医師会総合政策研究機構 海外駐在研究員 五味晴美
2003年4月10日


SARSの原因がCoronavirus(コロナウイルス)であることを記載した報告が、無料公開されていますので、ご参照ください。

*PDFファイルを開くには、Acrobat readerが必要です。

医学雑誌The New England Journal of Medicine 4月10日付け
●A Novel Coronavirus Associated with Severe Acute Respiratory Syndrome
T.G. Ksiazek and Others
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030781v1

●Identification of a Novel Coronavirus in Patients with Severe Acute Respiratory Syndrome
C. Drosten and Others
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa030747v1



医学雑誌 Lancet 4月8日付け
●The Lancet ホームページ
http://www.thelancet.com/
(注)Lancetの記載論文を無料で読むには、Lancetのホームページから、無料の登録が必要です。

●Coronavirus as a possible cause of severe acute respiratory syndrome
JSM Peiris, ST Lai, LLM Poon et al. and members of the SARS study group
http://image.thelancet.com/extras/03art3477web.pdf
(このサイトからは、論文がPDFファイルで読めます)

●Novel coronavirus and severe acute respiratory syndrome
Ann R. Falsey, Edward E. Walsh
http://image.thelancet.com/extras/03cmt87web.pdf
(このサイトからは、論文がPDFファイルで読めます)

●SARS治療のガイドライン
Guideline on management of severe acute respiratory syndrome (SARS)
William Ho
http://image.thelancet.com/extras/03cmt89web.pdf
(このサイトからは、論文がPDFファイルで読めます)

(注1)著作権の関係上、治療ガイドラインの図(フローチャート)は、個人使用とし、Lancetの許可を得ず、無断使用(転載など)すると、Lancetの著作権侵害になりますので、ご注意ください。
(注2)上記治療のガイドラインは、日本医師会の公式見解を反映するものではなく、Lancetの該当著者の見解であることにご留意ください。

Copyright(C)2003 Medsafe.net All rights reserved