HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 「「防火対策ガイドブック〜病院〜」のご紹介」

「防火対策ガイドブック〜病院〜」のご紹介


 
 先日このコーナーで「医療施設のリスク対策」という冊子をご紹介しましたが、日本興亜損保は他にも「防火対策ガイドブック〜病院〜」という冊子を作成しています。
 この冊子は、病院の経営者、防火管理に携わる安全担当の方々を対象に、防火対策の改善・推進を目指し、次のようなポイントからアドバイスを提供しています。

【病院の防火管理の特徴】
  1. 不特定多数が来院する
  2. 自力歩行が難しい患者も利用する
  3. 夜間の職員数が少ない
  4. 高層ビル化がすすんでいる
  5. 電気機器・火気の取扱いが多い
          ↓

【防火対策のポイント】
  • 避難誘導、初期消火などの出火時の迅速な対応
  • 夜間における人員の確保と緊急時体制の確立
  • 出火防止、延焼防止などの管理体制の確立
 つい先ごろ(2003年9月8日)のブリジストン栃木工場の火災では、その後の消防本部の立入検査で、一部火災報知器に不備が見つかっています。
 そこで、今回はこの「防火対策ガイドブック」から「警報設備の維持管理のポイント」等をご紹介します。

【自動火災報知設備】

(火災事例)
  • 自動火災報知設備の主ベル・地区ベルとも切っていたために、患者等が火災に気づいたときは、すでに急激に延焼していた。
  • 自動火災報知設備が発砲しているのに、現場を確認しないでベルを停止したため、患者の避難誘導が遅れた。
(チェックポイント)
自動火災報知設備の受信機はベルのスイッチが常時オンになっていますか 
 点検等でスイッチを切ったら必ず元の位置に戻しておきます。また定期的に点検を実施しましょう。
受信機にメモなどを貼っていませんか
 受信機の表示窓などは常に見えるようにしておくことが必要です。緊急時対応マニュアルや警戒区域図などは、受信機の近くに掲示しておきましょう。
非火災報の原因を究明していますか 
 非火災報が頻繁に発生する場合は、早急に消防機関や設備業者など専門家に相談し、点検・修理を受けて、必要により感知器の移動や取り替えを行っておきましょう。
感知器の周囲に感知の障害となるようなものはありませんか
定期点検を実施していますか
 外観点検及び機能点検は6ヵ月、総合点検は1年と定められています。法定点検を怠らないようにしましょう。
建物内の工事後には、未警戒区域がないか再確認していますか
 病院内で改修工事や建築工事、間仕切の変更などを行った場合には、その都度未警戒の区域が発生していないかチェックする必要があります。

 また、病院に特有の対策として、同冊子の「入院患者管理のポイント」の部分も参考になると思われますので、以下に挙げます。

【入院患者管理のポイント】
 避難対策では、病棟や避難区分に応じた避難計画を立てる必要があります。常に患者の入院や退院があり入院患者の構成も変わるため、その都度避難誘導体制を見直すことも必要です。

(火災事例)
  • 重症患者など自力避難の困難な患者が多かったにもかかわらず、避難を考慮せずに入室させていたところ、火災発生の伝達が遅れたこともあり、避難誘導に支障が生じた。
(チェックポイント)
自力歩行が困難な患者の病室は避難を考慮していますか
 重症患者、新生児、高齢者など、自力歩行が困難な患者は、基本的に低層階に入室させ、さらにナースステーションや非常口の近くなど避難の容易な場所とするなど、特別に考慮することが大切です。
入院患者の避難区分は部屋替えも考慮していますか
 入院患者については、病棟など管理区分ごとに、入退院や部屋替えのチェックを厳密に行い、どの部屋にどのような症状の患者がいるか把握しておきましょう。
外出者・外泊者を把握していますか
 火災時に外泊した患者を探して避難誘導が遅れないように、外出や外泊する患者は、管理日誌等で把握しておくことが大切です。また入院患者の管理日誌等は、非常時に持ち出せるようにしておきましょう。
入院患者の避難区分は、掲示されていますか
 入院患者は「担送」「補助」「独歩」など、自力歩行のレベルに応じて区分し、病室の前やベッドの上などに氏名とともに表示し、避難区分を明確にしておきます。さらに色分けしておくと分かりやすくなります。

 上記のポイントを参考に、皆様の医療機関も改めて防火対策をチェックしてみてはいかがでしょうか。