HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 「シンポジウム「患者と医療者が手をつなぐためにすべきこと」」

シンポジウム「患者と医療者が手をつなぐためにすべきこと」

本当のことを知るのが、なぜ難しい?

 2006年10月31日「スペシャリストに聞く!」のコーナーでご紹介いたしました豊田郁子さんもご講演されるシンポジウムをご紹介いたします。


日時:平成18年11月11日(土) 午後1時30分〜4時30分

テーマ:隠された医療ミス

会場:(財)全水道会館
    Tel 03-3816-4196

    東京都文京区本郷1−4−1

  JR水道橋駅 東口(お茶の水寄り) 徒歩2分
  都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口 徒歩1分

地図はこちら

参加費:1000円(資料代含む) 学生無料
 (会場で募金活動をしますので、ご支援ご協力をお願いいたします)

主催:医療の良心を守る市民の会

後援:NPO 患者のための医療ネット


□ シンポジスト □
  • 郡家正彦 (医師)
  • 打出喜義 (医師)
  • 安原幸彦 (弁護士)
  • 豊田郁子 (医療過誤被害者)
□ コーディネーター □
  • 大熊由紀子 (ジャーナリスト)

詳しくは、下記サイトをご参照ください。
http://ryousin.web.fc2.com/1.html