HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 「シンポジウム「安全教育は実っているか」」

シンポジウム「安全教育は実っているか」

●日時  平成18年11月22日(水) 13:00〜15:30
●会場  ヤクルトホール
     東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル
     JR新橋駅 徒歩5分、銀座線新橋駅2番出口 徒歩3分
●対象 500名(一般市民及び医療関係者)
●参加費 無料
●プログラム


   13:00 開会の挨拶  久常節子(日本看護協会 会長)
   13:05 報告  楠本万里子(日本看護協会 常任理事)
   13:20 シンポジウム  テーマ:「安全教育は実っているか」

 安全文化醸成の基礎は教育である。このシンポジウムでは、医療安全に関する医療従事者の教育の現状や問題を整理し、今後の教育のあり方について皆さんと考えていきたい。

 
○コーディネーター
    村田幸子(福祉ジャーナリスト)
 ○シンポジスト
    「医師への安全教育の推進者として」
     安藤恒三郎(名古屋第二赤十字病院 副院長)
    「新卒看護師の臨床研修制度を創設して」
     伊藤恒子(市立砺波総合病院 参与、前副院長)
    「病院職員への安全教育を担当する立場から」
     壁寸とみ子(寿泉堂綜合病院安全統括リスクマネージャー)
    「患者家族、事故当事者への支援を通して」
     山内桂子(医療心理学研究者)
    「看護基礎教育の立場から」
     山内豊明(名古屋大学医学部保健学科 教授)
   14:35 意見交換・質疑応答
   15:25 閉会の挨拶

●主催 日本看護協会

詳しくは、下記サイトをご参照ください。
http://www.habatakifukushi.jp/iryou/report/20061020_01.html