HOME >> コンテンツ一覧 >> ほっと情報・ほっと商品 >> 医療事故・紛争対応研究会「医療事故・紛争対応研究会 第5回年次カンファレンス」のお知らせ

医療事故・紛争対応研究会「医療事故・紛争対応研究会 第5回年次カンファレンス」のお知らせ

11月7日(日)に医療事故・紛争対応研究会主催で、下記の日程で「医療事故・紛争対応研究会 第5回年次カンファレンス」が開催されます。詳しくはこちらをご覧下さい。

日時

2010年11月7日(日)午前9時10分〜午後4時10分

場所

九州大学医学部百年記念講堂

参加費

研究会会員:4,000円(同時入会・当日入会も同額)/非会員:5,000円/学生:3,000円

対象

医師・看護師・薬剤師・コメディカルスタッフ・事務職員・医療安全管理者など(参加者全員に「受講証(受講時間を標記)」を発行)

申込方法

プログラム

1 院内検証
  • 「司会報告 なぜ院内検証を行うのか?―院内検証の二つの目的と検証の基準」 司会 前田正一(慶應義塾大学大学院)
  • 「検証の具体的方法と今後のあり方―関係診療科と揉め事を起こさずに適正な検証をする意義」 南須原康行(北海道大学病院准教授)
  • 「検証にあたり病院管理者が心得ていなければならないこと―介入の実際とその是非」 上池渉(国立病院機構理事/同 呉医療センター・中国がんセンター病院長)
  • 「市民の目からみた検証の重要性―有害事象発生時に患者が抱く疑問とそれを解消するために」 前村聡(日本経済新聞社 東京本社記者)
2 特別講演:新たな時代を迎えた脳死臓器移植と現場対応

座長 加藤尚武(京都大学名誉教授)

  • 「改正臓器移植法―脳死臓器移植に対するドナーの事前意思とそれがない場合の取り扱い」 丸山英二(神戸大学大学院法学研究科教授)
  • 「患者に脳死の疑いが生じた場合の対応手順―医学的対応および家族対応の進め方」 小中節子(日本臓器移植ネットワーク)
  • 「移植医療の現場―その過去・現在・未来」 福嶌教偉(大阪大学医学部附属病院教授)
3 会員報告

問い合わせ先

医療事故・紛争対応研究会事務局、TEL: 0466-49-6265(※慶大大学院・前田正一研究室)


2010年11月1日