HOME >> コンテンツ一覧 >> 医療安全をとりまく動向ここに注目! >> 「患者や家族と一緒に取り組むリスクマネジメント」

患者や家族と一緒に取り組むリスクマネジメント

 「リスクマネジメントの重要性はわかっているが、何から手をつけて良いのかわからない」「やりたいけど、予算がなくて」という声は多い。だが、予算をかけずに、患者や家族に協力を呼びかけるなどして、事故防止に取り組んでいる病院がある。今回はその取り組み方法を紹介したい。
 船橋市立医療センター(千葉県船橋市、清川尚院長)のB3病棟。ここのナースステーション前に、赤い旗を持った力士の人形が置いてある。別名、「どすこい人形」と呼ばれるものだ。脳神経外科や形成外科などの患者が入院するこの病棟では、毎朝、「検査と手術が多い」「同姓患者あり」などのリスク度を看護師長がチェックし、その日の危険度を旗の色で看護師や患者に知らせている。赤色は最も危険度が高く、危険度が下がれば黄色、安全なら緑色といった具合だ。同じ色の旗はナースステーション内のデスク上にも置かれている。

 「医療従事者だけで事故を防ぐには限界がある。患者にも危険度を認識してもらい、一緒に事故防止に取り組んでもらいたい」とB3病棟のリスクマネジメント部長である唐澤秀治先生は導入のきっかけを語る。
ナースステーション前に置かれた「どすこい人形」。
持っている旗の色で病棟の危険度を表している。

 患者や家族に、医療事故防止対策マニュアルを公表しているのも、その考えの表れだ。外来用と入院用に用意された2種類の説明書には、疾病の内容や検査方法をはじめ、病棟のリスク要因や事故防止のための具体策などが記されている。これらは必ず医師から患者に手渡すこととなっているという。

 また、患者や家族ができる予防策として、「リスクマネジメント20カ条」も掲げられ、必ず読むように求めている。その内容は、「わからないことがあってもそのままにしない」「2人以上で説明を聞く」「点滴ボトルや内服薬などに自分の名前が書いてあるかどうか確認する」などだ。あらかじめ転倒などのリスクが予測される患者には、個別に「リスクマネジメントレター」と称した書類を渡し、注意を喚起している。実際に事故が起これば、同書類で必ず報告することも怠らない。

 唐澤部長は、「マニュアルを開示するのは勇気がいった。でも、全てオープンにすれば、職員はやらざるを得ない」と、これらが事故防止に役立っていることを説明する。近々、マニュアルは同センターのホームページ上でも公開する予定だ。

 そもそも同センターが事故防止対策に取り組みだしたのは、2000年8月から。診療科ごとにリスクマネジャー(兼任)が任命され、それぞれの科で対応策を検討している。なかでも最も進んでいるのが脳神経外科だ。唐澤部長が中心となってさまざまな文献にあたり、独自に具体策を見いだした。それらは体系だてて整理されており、実にさまざまな方法がある。

 例えば、脳神経外科で使われている薬の種類を減らしたのもその1つ。品数を最小化することが、事故防止に役立つという考えからだ。医師からは反発があったものの、それまで100種類以上あったものを60種類にまで減らし、疾病ごとに使い方をパターン化した。名前や形状が似ている薬は間違いやすいため、離れた場所に置いたり、布で覆うなどして、保管方法にも工夫を凝らした。また、使用頻度の低い医療器具には、使用手順を書いた紙を備え付けたり、対応方法をカセットテープに吹き込んで、いざという時にあわてないで済むようにしている。

 患者の状態によっては、看護師が医師に連絡をとるべきかどうか迷う場合も多い。そのため、あらかじめどのような場合に連絡をとれば良いのかという基準も決められている。

 看護師らが話し合いをして、工夫を見いだした例もある。手すりや安全ブザーなどを設置して、病棟内の環境を改善したり、患者ごとのADL(日常生活動作能力)や食事方法、安静度などを記入したカードをベッドサイドに置いて、患者と情報を共有している。点滴時に看護師がボトルに印鑑を押すようにしたことで、責任が明確になり、事故を防ごうとする緊張感も生まれているらしい。

 B3病棟では、実際に起こった事故やインシデントはナースステーション中央に置かれた専用用紙に毎日記録するようになっている。記入の負担を減らすため、用紙にはあらかじめ起こりうる事故の内容が記載されているので、該当する内容にチェックさえすれば良い。記録の効率化も図っている。

 これらの結果、B3病棟では2000年9月に1カ月あたり20件以上だった事故やインシデントが、1年後には5分の1にまで減っており、効果は確実に表れているようだ。
「でも、これがゼロになったらダメなんですよ。危険を認識していない、という事ですからね。とにかく、リスクマネジメントは何かをやれば終わり、というものではない。常に新しい情報収集を行い、更新していくことが必要なんです」と、唐澤部長はさらなる取り組みに意欲を見せた。

<参考>病棟危険度のチェック内容は次の10項目
  1. レスピレーター3台以上
  2. 同姓患者あり
  3. シリンジポンプ使用あり
  4. 点滴と流動食併用あり
  5. 輸血の予定あり
  6. 空床6以下になった
  7. ナース病休あり
  8. 他診療科入院あり
  9. 検査と手術が多い
  10. 要注意患者あり