最新動向:最新記事

2004年の記事一覧

2004年12月24日
高齢者施設や在宅医療で必要な感染症の知識とその予防策

インフルエンザやMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの感染症の予防は、介護老人保健施設など高齢者施設にとって共通の課題となっている。だが、感染症への誤解などから、施設の利用を拒否したり、隔離処遇を行うなど人権上の問題も生じている。高齢者施設や在宅医療の現場で必要な感染症対策とは何なのか、「...

2004年12月14日
学会による鑑定書の作成で医療事故の原因解明へ

泌尿器科学会関連の日本Endourology & ESWL学会(以下、日本EE学会)は、2004年2月、昭和大学藤が丘病院で起きた腹腔鏡による医療事故の鑑定書を作成し、医療側のミスを明らかにした。医師個人ではなく、学会が鑑定書を作成するのは国内でも初めての試み。今後の鑑定書のあり方に一石を投じた取...

2004年11月29日
エキスパートの知恵を結集して呼吸器ケアのレベルアップを目指す

人工呼吸器装着患者のケアの質を向上させようと、昭和大学病院(東京都品川区、879床)では認定看護師と歯科医師らがチームを組んで院内を巡回し、看護師への直接的な指導にあたっている。チームの巡回に同行し、現場の反応などを取材した。 ケアに生かされるチームのアドバイス 毎週木曜日の午後1時。昭和大学病院...

2004年11月17日
医療の質を高めるカルテ評価の取り組み

診療記録であるカルテを使って、医師の資質を評価している病院がある。第三者がカルテをチェックする事で、業務の改善にもつながっているという。本当にそんな事が可能なのか、その取り組みを取材した。 統一されていない医薬品の外観表示 相澤病院(長野県松本市、463床)では毎月1回、医療評価委員会を開き、医師...

2004年10月27日
バーコードを活用した調剤過誤防止システムの効果

医薬分業の進展によって、調剤薬局で薬を受け取る機会が増えている。だが、その一方で患者に間違った薬が交付され、重篤な状態に至る事故も発生している。水野薬局(東京都文京区)では、薬の品目や量を間違えるなどの調剤ミスを防ごうと、バーコードなどを活用して成果を上げているという。その取り組みを取材した。 シ...

2004年10月13日
日本医療機能評価機構における医療事故事例の収集と安全対策への取り組み

医療機関の第三者評価などを行う日本医療機能評価機構(坪井栄孝理事長)は、10月9日、「評価機構における最近の取り組み~医療安全をテーマとして~」と題したフォーラムを開催した。わが国の医療事故の実態解明とその防止に向けて、同機構が果たす役割が紹介された。 同機構は、医療機関の機能を中立的な立場で評価...

2004年9月29日
医療事故を防ぐために患者がすべきこと、医師がすべきこと

がんに関する情報の提供や相談を行っている「キャンサーネットジャパン」(代表・南雲吉則さん)は、9月19日、医療事故の防止をテーマにシンポジウムを開催した。医療安全対策に取り組む病院や、患者からの医療相談を受ける医師や看護師らの報告に、参加者は真剣に耳を傾けていた。 生かされるか?医療事故の教訓 ま...

2004年9月14日
リピーター医師の実態解明に向けて走り出した日本産婦人科医会

医療事故を繰り返す「リピーター医師」への対策が課題になっている。日本産婦人科医会(会員数1万2,621人、2003年3月末現在)では、この4月から会員による医療事故の報告を義務づけ、その実態を明らかにしようとしている。日本産婦人科医会常務理事の川端正清さんに、医療事故報告制度導入の狙いを聞いた。 ...

2004年8月31日
東京都医師会が取り組む医療廃棄物適正処理モデル事業

医療廃棄物が適正に処理されなかったり、不法投棄された場合、処理を委託された事業者だけでなく、廃棄物を出した医療機関の責任も問われる。処理ルートの管理と安心して任せられる処理業者の確保は、医療機関にとっての課題だ。東京都医師会はそうした状況を打開しようと、2003年5月から医療廃棄物適正処理モデル事...

2004年8月18日
リスク感度を高める危険予知トレーニング手法

介護現場に潜む事故の危険性をあらかじめ察知して、それへの対処法を検討する「危険予知トレーニング」を導入する事業所が広まりつつある。リスクに対する感度を高めるとともに、具体的な事故防止策を考える力が養えるという。そのトレーニングを取り入れた研修の様子を取材した。 ヒヤリハットには共通項が存在する 在...

2004年7月30日
採血方法を巡る医療現場の混乱に終止符か!? - 標準採血法のガイドライン公表と真空採血管の騒動の行方 -

7月上旬、日本臨床検査標準協議会(JCCLS、渡邊清明会長・慶応大学医学部教授)は標準採血法のガイドラインを初めて作成し、真空採血管による採血手順を公表した。昨年末、厚生労働省が非滅菌の真空採血管からの逆流による細菌感染への対応策の通知を出してから、その採血方法を巡って医療現場の混乱が続いていた。...

ページの先頭へ