最新動向:最新記事

2004年の記事一覧

2004年12月24日
高齢者施設や在宅医療で必要な感染症の知識とその予防策

インフルエンザやMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの感染症の予防は、介護老人保健施設など高齢者施設にとって共通の課題となっている。だが、感染症への誤解などから、施設の利用を拒否したり、隔離処遇を行うなど人権上の問題も生じている。高齢者施設や在宅医療の現場で必要な感染症対策とは何なのか、「...

2004年12月14日
学会による鑑定書の作成で医療事故の原因解明へ

泌尿器科学会関連の日本Endourology & ESWL学会(以下、日本EE学会)は、2004年2月、昭和大学藤が丘病院で起きた腹腔鏡による医療事故の鑑定書を作成し、医療側のミスを明らかにした。医師個人ではなく、学会が鑑定書を作成するのは国内でも初めての試み。今後の鑑定書のあり方に一石を投じた取...

2004年11月29日
エキスパートの知恵を結集して呼吸器ケアのレベルアップを目指す

人工呼吸器装着患者のケアの質を向上させようと、昭和大学病院(東京都品川区、879床)では認定看護師と歯科医師らがチームを組んで院内を巡回し、看護師への直接的な指導にあたっている。チームの巡回に同行し、現場の反応などを取材した。 ケアに生かされるチームのアドバイス 毎週木曜日の午後1時。昭和大学病院...

ページの先頭へ