医療判決紹介:最新記事

医療関連訴訟の判例・裁判例からは多くを学べます。彼らは何故勝訴し、何故敗訴したのでしょう。

2021年12月10日
No.445「進行胃癌のため胃亜全摘術を受けた患者が、縫合不全により発生した腹腔内膿瘍の縮小が遅延し残胃穿孔が生じ、腹腔内出血を起こして死亡。医師の術後管理上の過失を認めた地裁判決」

広島地方裁判所平成9年5月29日判決 判例タイムズ953号229頁 (争点) 1 縫合不全・腹腔内膿瘍への対策に関する過失 (1) 経口摂取の継続について (2) 留置ドレーンの選択及びドレーンの留置時期について 2 病院の術後管理の過失と患者の死亡との因果関係 ※以下、原告を◇、被告を△と表記す...

2021年12月10日
No.444「胃・十二指腸潰瘍の手術後、患者が汎発性腹膜炎のため死亡。縫合不全による腹膜炎に対する処置を怠った医師の過失を認めた地裁判決」

岐阜地方裁判所大垣支部平成2年7月16日判決 判例時報1368号114頁 (争点) 医師の過失の有無 ※以下、原告を◇、被告を△と表記する。 (事案) 昭和60年9月15日、午前0時過ぎころ、A(当時27歳の男性・鉄道会社勤務)は、上腹部痛のため、△医師が開設する病院(以下、「△病院」という。)を受...

2021年11月11日
選択の視点【No.442、443】

今回は、薬剤の投与に関連して、医師の過失が認められた事案を2件ご紹介いたします。 No.442の判例紹介にあたり、一審判決(広島地裁平成2年10月9日判決・判例タイムズ750号221頁)も参考にしました。 No.442の事案では、一審判決と控訴審判決とで、過失の内容についての裁判所の判断が変わりまし...

2021年11月11日
No.443「手術後せん妄を発症した患者に国立大学病院の研修医がドルミカムを投与し、患者がいわゆる植物状態に陥る。ドルミカムの用法及び用量、投与前における心肺蘇生処置の準備並びに投与後の心肺蘇生処置の実施につき過失を認めた地裁判決」

東京地方裁判所平成16年4月27日判決 判例タイムズ1211号  214頁 (争点) ドルミカムの投与量、投与方法等に関する過失の有無 ※以下、原告を◇、被告を△と表記する。 (事案) ◇1(平成10年9月当時79歳の男性、中華人民共和国で生まれ、台湾に渡り、昭和27年に来日し、日本での永住許可を受...

2021年11月11日
No.442「酸性鎮痛剤(ボルタレン)によるアナフィラキシーショックにより、入院患者が死亡。アスピリン喘息の疑いのある患者に対して安易に酸性解熱鎮痛剤を投与した医師の過失を認めた高裁判決」

広島高等裁判所平成4年3月26日判決 判例タイムズ786号221頁 (争点) ボルタレン使用についての注意義務違反の有無 ※以下、原告を◇、被告を△と表記する。 (事案) A(昭和15年生。死亡当時42歳の女性)は、昭和54年春ころより痰を伴う咳が出現し、特に呼吸困難を伴うようになったため、同年12...

2021年10月 8日
選択の視点【No.440、441】

今回は、患者の容態が急変して死亡した事例において、医師の過失が認められた裁判例を2件ご紹介します。 No.440の事案では、患者遺族は患者を救急センターに搬送する前に、開業医の医師自ら気管内挿管による気道確保の措置をとるべきであったとも主張し、証人も遺族の主張に沿う供述をしました。 この点につき、裁...

2021年10月 8日
No.441「頭痛等を訴えて来院した患者を帰宅させ、数日後、患者が意識を失い、くも膜下出血と診断されその後死亡。くも膜下出血の発症を看過した医師に問診義務違反及びCT撮影が可能な病院への転医義務違反を認めた地裁判決」

大阪地方裁判所平成15年10月29日判決 判例時報1879号86頁 (争点) くも膜下出血の発症を看過した医師の注意義務違反(過失)の有無 ※以下、原告3名のうち患者の妻を◇、被告を△と表記する。 (事案) A(受診時50歳の男性・営業職)は、平成8年9月4日午前2時ころ、飲酒して帰宅し、翌9月5日...

2021年10月 8日
No.440「患者が急性喉頭浮腫による急性呼吸不全により死亡。医師に、バイタルサインの把握を怠り、呼吸障害の重症度及び緊急度の判断を的確に行わず、救急センターへの搬送においても気道確保の準備や付添介助を怠った過失を認めた地裁判決」

静岡地方裁判所沼津支部平成5年12月1日判決 判例時報1510号  144頁 (争点) 診察行為における医師の注意義務違反(過失)の有無 ※以下、原告3名のうち患者の妻を◇、被告を△と表記する。 (事案) A(当時44歳の男性・工場長)は、昭和61年5月8日午後5時半頃、3日前から37度程度の発熱が...

2021年9月10日
選択の視点【No.438、439】

今回は、分娩方法の選択に関連して医師の過失が認められた裁判例を2件ご紹介いたします。 No.438の事案で、病院側は、分娩方法選択は医師の裁量の範囲内にあると主張しました。これに対し、裁判所は、もとより、複雑な分娩機序と分娩の個別性にかんがみれば、一般論としては、産科医が分娩方法として帝王切開術を選...

2021年9月10日
No.439「重度新生児仮死の状態で出生し、重度の脳障害を負ったことにつき、当直医師・助産師に分娩監視義務違反および当直医師に帝王切開手術を施行しなかった過失を認めた地裁判決」

東京地方裁判所平成16年3月12日判決 判例タイムズ1212号245頁 (争点) 分娩監視義務違反の有無 分娩方法及び時期の選択における過失の有無 ※以下、原告を◇、被告を△と表記する。 (事案) ◇2は平成6年9月に懐胎し、同月22日、A大学医学部附属病院を受診し、同病院医師から、分娩予定日が平成...

ページの先頭へ